スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LDLコレステロールとは

「LDLコレステロール」悪玉コレステロールとも呼ばれています。
体に必要なはずのコレステロールなのに、悪玉と呼ばれるのはどうしてなのでしょうか。


血液中の余ったコレステロールを回収して肝臓に運搬する役割を持つ「HDL」に対して「LDL」は肝臓から全身にコレステロールを運搬する役割を持つ成分です。その「LDL」に乗せて移動するのが「LDLコレステロール」です


とても重要な役割をしていて、「LDLコレステロール」そのものは、決して悪いものではありません。


ただ、LDLコレステロール>が必要以上に多くなってしまうと、血管の壁にたまってしまい、酸化することによって動脈硬化の要因となってしまいます。そのため動脈硬化などを引き起こす悪い成分ということで「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。


LDLコレステロールが増え動脈硬化になると、LDLコレステロール値が高くHDLコレステロール値が低いことが多いので、LDLコレステロール値を下げてHDLコレステロール値を上げる治療が行われます。また動脈硬化だけでなく、それによって虚血性心疾患や脳梗塞、糖尿病が引き起こされる可能性もありますので注意が必要です。


女性の場合、閉経を迎えるとエストロゲンが減少するため、LDLコレステロールを分解する機能も低下してしまいます。閉経後の年代から高脂血症が多くなるのはこのためです。



スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。