スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールとは何か


まずコレステロールとは何かを学んでいきましょう。「コレステロール」は人間の体内にある脂肪の一種です。


脂肪には4種類あります。


①「中性脂肪」
  脂肪細胞の中に貯蔵されてエネルギーとして使われる脂肪。


②「遊離脂肪酸」
  中性脂肪が分解され血中に溶けだしてできるもの。


③「リン脂質」
  細胞膜の形成に必要な成分。

④「コレステロール」
  体の中の細胞やホルモンを作る大切な成分。


以上4つの種類がありますがどれも人間の体に欠かせない要素です。


ただ中性脂肪とコレステロールは値が高すぎても低すぎても体によくありません。


コレステロールや中性脂肪がたまると、いろんな病気になったりすることは、よく知られています。最近では、メタボリックシンドロームという言葉がよく使われていますが、内臓に脂肪が付く、いわゆる「内臓脂肪型肥満」の場合、高脂血症、高血圧、糖尿病など、様々な病気の原因となることが分かっています。



つまりコレステロールとはバランスある付き合いをしなければなりません。低すぎても血管が弱くなり病気の原因になりやすいと言われています。ですので基準値内でない場合は食事や運動、生活習慣の見直しなどの改善が望まれます。



スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。