スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロール値が高いと起こる病気

コレステロール高いとどうしていけないのでしょうか?


基準値の範囲内で良好な関係を保てば健康をサポートしてくれるコレステロールですが、その値が高いとさまざまな病気を引き起こす原因になる恐れがあるのです。


皆さんご存知ですよね?日本人三大死因?そうです1位がん2位心臓病3位脳卒中です。その心臓病・脳卒中は「動脈硬化」が主な原因なんです。そして動脈硬化がコレステロール値と密接の関係があるのです。


確認しときましょう。


動脈硬化とは、動脈の血管の弾力が失われて硬くなったりコレステロールなどが動脈に溜まってしまうことによって、動脈が硬くなり血液が通る道が狭くなってしまう症状です。コレステロールは細胞膜を形成する役割がありますが、値が高いと血管を過剰に強くしてしまうのです。動脈硬化が進むと血液の流れが悪くなったり血管が破裂したりして生死に関わることもあるため注意が必要なのです。


それが」心臓なら「心筋梗塞」、脳なら「脳梗塞」と呼ばれ、命が危うい状態になるのです。


それ以外もコレステロールが高いと動脈硬化をはじめ、「糖尿病」や「高脂血症」など生命に関わる大変な病気を引き起こすのです。


ですのでコレステロールが高い場合は基準値への改善が望まれるのです。







スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。