スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

総コレステロールとは

よく耳にする総コレステロールとは血液中に含まれるすべてのコレステロールを測定した総量のことを指します。


つまり善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)などを合わせた値です。


コレステロールの値は主に血液検査によって測定することができます。


次の数字は憶えておくと便利ですよ。


総コレステロール220mg/dl以上、悪玉コレステロール(LDL)140mg/dl以上、中性脂肪150mg/dl以上」のいずれか1つでも当てはまる場合は、高脂血症と診断されれば、食事療法や運動療法などの治療が必要となります。


ただ総コレステロールは少なければよいというものではありません。コレステロールの基準値は130~240mgです。


コレステロールや中性脂肪が基準値を上回る状態が続くと動脈硬化が促進され、進行すると脳卒中や狭心症、心筋梗塞などを引き起こす要因となります。


総コレステロール値は年齢とともに高くなる傾向があり、また、一般的に女性は男性より総コレステロール値が高くなる傾向があります。しかし近年気になるのが、若い人のコレステロール値が高いと言われていることです。ファーストフードやインスタント食品、スナック菓子、ジュースなどを摂取しているため動脈硬化症の発生率が高くなりまた糖尿病や高脂血症なども増えているのです。


スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。