スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロール基準値・正常値

コレステロールには基準値正常値と言うものがあります。

それは、総コレステロールの値が220未満で、「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」は40以上、「悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」は140未満、中性脂肪は150未満のことです。

これらの数値におさまらない方は、運動や食事療法などの生活習慣を見直し予防・対策を考える必要があります。

特に正常値・基準値を高く超えている場合、多くの脂肪が血液中に含まれる高脂血症や、血管に脂肪が付着したり酸化して起こる動脈硬化につながる可能性が高くなります。

また、メタボリック・シンドロームが発症する可能性も高くなるのです。

しかし、「善玉コレステロール(HDLコレステロール)・悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」は共に、体に必要な成分です。

中性脂肪と共にバランスを取るのが、健康を維持するのに必要なことなのです。

定期検診では、コレステロール正常値・基準値を気にするだけでも生活習慣病の予防のつながります。

正しいコレステロールの基準値・正常値を頭に入れ意識して日常生活を過ごしましょう。


スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。