FC2ブログ






コレステロールを下げる魚の効果

動物性脂肪でもの脂肪は、コレステロールを上げることはありません。コレステロールを下げる効果があることまでは、わかりませんが、血液をさらさらに健康を維持するには、欠かせない食べ物です。効果的ですよ。


魚がもっている脂肪酸はイコサペンタエン酸(IPA)と呼ばれています。


また最近良く耳にするドコサヘキサエン(DHA)にも同じ効果があり、加えて脳を活性化する働きがあると言われています。


どちらも不飽和脂肪酸の一種で、血液に中で血小板が固まるのを防ぐ働きがあります。


IPAとDHAは寒流を泳ぎ回る魚に含まれています。イワシやアジが代表的です。


ただ青背の魚の塩干物は、不飽和脂肪酸は酸化しやすく、過酸化脂質は体によくないので注意してください。


ちなみに魚はタウリンというアミノ酸も含まれていますが、これは肝臓のなかでコレステロールが胆汁酸に分解するのを助けてくれます。


IPAとDHA,タウリンを効率よく摂取することで、コレステロールの増加防止に効果がでてくるでしょう。




スポンサードリンク

スポンサーサイト