スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールとビタミンE・カロチンの関係と働き

コレステロールの増加が気になる場合は、ビタミンEカロチンが不足しないようにしましょう。


ビタミンEとカロチンの2つの栄養素には、体の中で細胞が酸化するのを防ぐ働きがあります。


細胞の酸化を防ぐことは、体の機能を正常に保ち、老化を防ぐのに重要です。
実際に、酸化を防ぐ薬が動脈硬化の治療薬として効果があることは証明されています。


ですからビタミンEとカロチンはがんや動脈硬化を防ぐ働きもあるといわれています。


動脈硬化は血液中のLDLコレステロールが増えてHDLコレステロールが減るとこりやすいといわれていましたが、実は、血管にコレステロールや中性脂肪を沈着させて動脈硬化を悪化させてしまうのは、LDLそのものではなく、血管にしみ込んだ、LDLが酸化されてできる酸化LDLであることがわかってきています。


またコレステロールを取り除く作用のあるHDLも酸化されると、その働きも落ちるといわれています。


ビタミンEとカロチンは細胞が酸化することを防ぐ働きがあります。


ですからコレステロールで悩まれとる方は、日々の食生活でビタミンEとカロチンが不足しないようにしましょう。
特に、ビタミンEは血管を丈夫にしますし、血液の流れもよくする働きがあります。


スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。