スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールの酸化を防ぐビタミンEを含む食品

ビタミンEは細胞の酸化を防ぎがんや動脈硬化の予防に効果があります。


LDLコレステロールHDLコレステロールの酸化を防ぎ、血液の流れをよくし血管壁を丈夫に保ちますから動脈硬化の予防の効果があるというわけです。またからだ全体の老化も遅らせる働きも確認されています。


そんな私たち人間が健康を維持していく上で欠かせないビタミンEですが、自分で作ることはできません。


効果的に食生活から摂取するしかありません。


必要な摂取量は、男性で1日8mg、女性で7mgです。


ではどのような食品にビタミンEは多くふくまれているのでしょうか?


特に含まれているのが、植物油、卵黄、魚、緑黄色野菜、大豆、穀物なども効果的に摂取できます。
その中でもイカやワカサギなどの低脂肪の魚や緑黄色野菜や大豆がおすすめです。


ただ注意すべきなのが、植物油や魚に含まれる不飽和脂肪酸は多すぎるとかえって体内でビタミンEを消費し、ビタミンEの不足を招きます。



酸化したものをできるだけ避け、通常の量をとっていれば、不飽和脂肪酸もビタミンEもうまく働いて、コレステロール増加を防いでくれるでしょう。


ビタミンEは、バランスよい食事をとっていれば不足すろことはありません。
加工食品や食品の種類が少ないとどうしても不足しがちのなりますので注意が必要です。








スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。