スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女性のコレステロール対策

女性コレステロール対策は、男性よりあまり取り上げられませんが、同じくらい大切なことです。最近では、やっと頻繁にマスコミでも取り上げられるようになってきてますので、意識されている方は増えていいますが、まだまだ一部の方だけのようです。



女性は、男性に比べコレステロール値や中性脂肪値が低く、HDLコレステロールは、逆に高くなっています。これは、女性ホルモンがLDLの処理を早め、HDLの合成を増やしているからです。



女性は、閉経を迎えるとコレステロール値も中性脂肪値も急激に上昇します。男性は、横ばいですが、女性は、上昇し、やがて男性を追い越します。



子育てを終え、40歳代に入ったら、女性は、太らないように気をつけましょう。


閉経期を迎える頃になると、肥満気味の女性が増えます。こうならないように、近い将来、コレステロールや中性脂肪が増えることを考慮して、脂肪や甘い食べ物を控えましょう。おやつ デザート 残り物の処理係も辞めるべきです。


あと補足ですが、若い女性で経口避妊薬の副作用でコレステロールや中性脂肪値が上がることがあります。ピルを使用している場合には、定期的に血液検査をしましょう。


普段の食生活は、脂肪の多い食事は、乳ガンの誘因にもなります。マヨネーズやケーキ アイスの乳脂肪は、コレステロールを上げる要因になります。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

果物とコレステロールの関係と効果・効用

果物コレステロールの関係と効果をみていきましょう。


果物は、コレステロール低下させる効果があります。


果物に含まれるペクチンは、水溶性の食物繊維で、コレステロールを体外へ排出する働きがらあります。


ですから
ぶどう、りんご、みかんはコレステロールの高い人は食生活に上手に取り入れましょう。



ただ果物の取りすぎは問題です。毎日1個程度が適量です。
あまり摂取するとエネルギーも意外と高いのでコレステロール値を上げ肥満につながります。



適量ならビタミンやミネラルの補給にも役立つので効果は大きいです。

スポンサードリンク

高齢者・お年寄りのコレステロール対策

高齢者 お年寄りのコレステロール対策は、今後の高齢化社会において避けて通れない問題です。


一般的に高齢になるとコレステロール値は、自然に下がっていくことが多いのですが、最近のお年寄りの食生活の変化で一概にそうともいえないようです。


確かにいますよね。すき焼き大好きな高齢者やハンバーグ大好きなおじいちゃんおばあちゃん。美味しく安いのでつい食べてしまうのでしょう。


ただ注意しなければいけないのが、動脈硬化が進んでいる高齢者では、コレステロール値が高くなるとよけいに動脈硬化を悪化させ、狭心症や心筋硬塞を招きやすくなります。


実際ある調査だと血清総コレステロール値が高い高齢者は、狭心症や心筋硬塞の発生が高くなっています。


高齢者のコレステロール対策は、まず食事療法からやりましょう。


余り気にしすぎは、逆に栄養不足から体力の低下を招きます。色んな食品を腹八分目に食べることです。あと運動は、毎日30分位は歩くのがよいでしょう。



あと薬で降圧剤や精神安定剤の中に、コレステロールを上げやすいものもありますから、服用してる薬のチェックも大切です。


治療が必要な時は、他の病気で服用してる薬を全部医師に見せてから処方してもらいましょう。

スポンサードリンク

子供のコレステロール対策

最近、子供コレステロール対策が問題です。

食生活が変化し、世界中の美味しい食べ物が、簡単に手に入るからです。


朝からマックのハンバーガー、昼はお菓子 夜はスパゲッティ。こんな食生活をしている子供が多いいそうです。



これだけコンビニやファーストフードが乱立してる日本だと利用してしまうのは、仕方ないところもありますが、日本の洋風化で脂肪を取りすぎている子供が増えています。



以前行なった、東京都の調査だと男子の、総エネルギーに対する脂肪摂取の割合は、32%にのぼりました。大人の平均が25%ですから、いかに子供の脂肪を摂り過ぎているのかがわかります。



驚きなのが、日本の子供達のコレステロール値は、アメリカの子供とほぼ変らないとこまできています。



運動量の少なく 夜型の生活や受験勉強のストレス、 ファーストフードの利用など、コレステロール上昇の原因を上げればきりがないのです。



コレステロールを下げるための食生活の対策は、大人のなってから取り組んでも効果は、限定的です。



今日から親と子供家族ぐるみで取り組むのが大切です。



まず、子供のコレステロール対策は、食事に和食をとりいれてあげましょう。また緑黄色野菜などを十分にとること。




そして、買い食いなどコンビニやファーストフード利用を少なくし、食事時間を含めた生活リズムを規則正しくすることが大切です。



スポンサードリンク

コレステロールを下げる・減らす食事

まず<コレステロールを下げる・減らす食事>5つのポイント

①コレステロールを上げる・増やす料理は少なめにする。

②コレステロールを下げる・減らす食品食物繊維を摂るようにする。

③カロリーの摂り過ぎに注意する。

④栄養バランスをしっかり考えてとる。

⑤一日三回の規則正しい食事をとる。

以上のコレステロールを下げる減らす食事の5つのポイントです。


この中でもまず皆さんにトライしてもらいたいのがコレステロール値を下げるためにはコレステロールを多く含む食事を控えめにすることです。


具体的にどんな食べ物がコレステロールが多いか確認しておきましょう!


コレステロールが多く含まれているのは、肉や卵、バター、チーズなどです。美味しい食事ばかりですのでついついたくさん食べてしまいがちですが、コレステロール値を下げるためには控えめにしましょう。また糖分の多い甘いお菓子やフルーツも控えましょう。というのも糖分もコレステロールを作るもとになるからです。


ただいずれも全く食べてはいけないというものではなくバランス良く適量を食べましょうという意味ですので、食べ過ぎに注意して適度に摂るようにしましょう。



スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。