スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールとイカ・エビ・貝類の関係と影響

コレステロールには、イカエビ・カニ・貝類は、あまり影響は与えないと言われています。


必要以上に大量に食べることは、コレステロール値にとっては当然よくありませんが、時々適量なら敏感になることはありません。


ある調査ではイカ・エビ・カニを頻繁に食べる漁村の人のコレステロール値はこれらの食品をとっていない人と比較してコレステロール値が低いという結果がでてるくらいです。


以前は、イカ・エビ・カニ・貝類は、コレステロールを増加させる原因とも言われた時期もありましたが最近ではそんなことはないようです。


イカ・エビ・カニ・貝類にはむしろタウリンやアミノ酸が含まれいますので、血液中のコレステロールや中性脂肪を増加させるのを防ぎ、血圧を正常に保つ効果があるそうです。


これまでコレステロールとの関係で誤解されていたイカ・エビ・カニですが、適量であればコレステロールに影響は与えません。好きな方は、安心して食べるようにしてください。

スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。