スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールと外食の油の種類と影響

外食は、手軽で便利で価格も安いですが、コレステロールを増やしてしまいます。


特にファーストフードは、コレステロールが高い人は、注意が必要です。


ハンバーガー、フライドポテト、ソフトドリンクは、脂肪や糖質のかたまりですからコレステロールを上昇させ高脂血症の要因になります。


外食では油を使用した食品が多いのも気になります。


洋風料理の場合は、バターが沢山含まれています。
ラーメンは、ラードがたっぷり入っていますし、汁は塩分が多いのであまり飲まないようにしてください。


スバゲッティもオリーブ油だけでなくカルボナーラなどのクリームスバゲッティは、バターや生クリームが入っていますからコレステロールが高い人は避けるようにしましょう。


あとは、コレステロールや中性脂肪が高い人は揚げ物の衣も注意です。


カツ丼や天丼卵を使用した親子丼は、美味しくてついつい食べてしまいがちですがエネルギーが高いためコレステロールがすでに高い人は注意が必要です。





スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。