スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールの管理の参考数値

最近の日経プラスワンコレステロールの記事が掲載されていましたので
ご紹介します。


そこでは、専門家がコレステロール値について中性脂肪などの検査結果とのバランスを重要視していると書かれていました。


以前の参考値と変更されている箇所もありますので再度LDLコレステロールHDLコレステロール、中性脂肪の3つの参考値を確認しておきましょう。


① LDLコレステロール

140mg/dl未満
LDLコレステロールはホルモンや細胞膜の材料として肝臓から組織に運ばれているコレステロール


② HDLコレステロール

40mg/dl以上
組織や血管で余分となり肝臓に戻されているコレステロール


③中性脂肪

150mg/dl未満
体が必要なときにエネルギー源として使われている脂肪


動脈硬化進みやすい事例 

・①、③が参考値より低くても②が低い
・正常値であっても①、③が同時に高め

とにかく一番問題になるのは、自己判断で数値を読み間違えること。
定期的にかかりつけの医師に診察や相談することをしましよう。






スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。