スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールを下げる植物油の見分け方

コレステロールを下げる植物油と上げてしまう植物油があります。
知識として知っているだけでコレステロール対策になりますので憶えましょう。



これまで、コレステロールを下げるには、とにかく植物油を多くとるのが良いと思っていたのではないのでしょうか?


植物油の全てが、コレステロールを下げる不飽和脂肪酸が多いわけではありません。


確かに不飽和脂肪酸は、大豆油やサフラワー油、ゴマ油などの植物油に豊富に含まれています。


しかし、ヤシ油やカカオ脂には、かえって飽和脂肪酸が多くなります。
ですからチョコレートはカカオ脂が入っているため、コレステロールを上げてしまうことになるのです。


また不飽和脂肪の取りすぎもよくありません。脳出血の原因になりといわれています。


そしてリノール酸などの不飽和脂肪酸自体は大量に摂取すると、LDLコレステロールは確かに下がりますが実は、HDLコレステロールのほうも低下してくるのです。


植物油の量は多いほどよいわけでなく、バランス良い摂取が大切です。


ちなみに植物油は、酸化しやすいという欠点があります。過酸化脂質は体によくありません。


特にてんぷらなどで大量に使った場合には、気をつけて下さい。



スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。