スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールと果物の関係と効用

果物をバランス良く摂取することは、コレステロール対策に効果的です。


果物に含まれるペクチンは水溶性の食物繊維ですから、腸の中のコレステロールを体外へ排出する効果があります。


特に果物の皮には豊富な食物繊維が含まれています。りんご、みかん、ぶどう等はよく洗ってから、皮ごと食べるとコレステロールを排出することになります。


またアボガドは、LDLコレステロールを増やさないオンレイ酸などの不飽和脂肪酸やビタミンEが豊富にとれます。


ただし果物も食べすぎのは注意してください。


果物の糖分は、早く吸収され、とりすぎは、中性脂肪を増やすことになりまねません。


エネルギーも意外と高く、肥満の原因にもなるのです。
りんごは1個はご飯1膳分のエネルギーになりますし、みかんも3個食べれば同様です。



果物はバランス良く食べれば、コレステロールの上昇を抑える効果はあります。


毎日1個程度が適量です。


このくらいなら太る心配もありませんし。ビタミンやミネラルも豊富ですし。コレステロール対策の働きもあるでしょう。






スポンサードリンク


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naporeon2946.blog29.fc2.com/tb.php/44-ebc3c89d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。