スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレステロールと酒の関係と働き

は適量でれば、HDLコレステロールを増やしますが、飲みすぎるとコレステロールにとって良くありません。


毎日大量の酒を飲みすぎると、血液中の中性脂肪が上昇します。


お酒好きの人は、高脂血症の割合が高く、酒をやめると必ず高脂血症は改善されていきます。


また酒の飲みすぎは、肝障害とアルコール依存症をまねきます。


さらに肥満が重なると高脂血症や高血圧、痛風などの大きな原因になります。


健康を守る適量はビールなら1日1本、日本酒なら1日ぐらいでしょう。


酒はエネルギーが多いので、酒を飲んだらご飯を減らさないといけません。


ただご飯を減らしても、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどは、酒から摂取することはできません。
酒は節度を守って飲むことが大事です。


大量の酒は、肥満の原因になりますし。バランス良い栄養素がとれないことにつながります。


当然コレステロールを減らす効果もなくなり、高脂血症の原因のもなるのです。

スポンサードリンク


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naporeon2946.blog29.fc2.com/tb.php/45-09b4e0e6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。