FC2ブログ






果物とコレステロールの関係と効果・効用

果物コレステロールの関係と効果をみていきましょう。


果物は、コレステロール低下させる効果があります。


果物に含まれるペクチンは、水溶性の食物繊維で、コレステロールを体外へ排出する働きがらあります。


ですから
ぶどう、りんご、みかんはコレステロールの高い人は食生活に上手に取り入れましょう。



ただ果物の取りすぎは問題です。毎日1個程度が適量です。
あまり摂取するとエネルギーも意外と高いのでコレステロール値を上げ肥満につながります。



適量ならビタミンやミネラルの補給にも役立つので効果は大きいです。

スポンサードリンク


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naporeon2946.blog29.fc2.com/tb.php/48-97900f0b